筋トレは力なり

週に一度の筋トレと雑記

バーボン好きが貰ったら本気で嬉しいおすすめのウイスキーを紹介する

f:id:siv41:20170408223051j:plain

バーボンウイスキーをプレゼントに考えてる人向けの記事

 

 

お酒好きな人はプレゼントで高価な”お酒”を貰うのが一番嬉しい!

 

お酒好きな人にプレゼントは何がいいか聞くと、必ず『お酒!』と返事が返ってきます。

 

お酒好きな方への誕生日プレゼント・退職祝いなどは、普段自分で買わないような『バーボンウイスキー』を贈る事をおすすめします。

 

お世辞ぬきで本気で喜んでもらうことができますよ。

 

今回はバーテンダー経験あり&バーボン大好きなぼくのおすすめのバーボンを紹介していきます。

 

バーボンウイスキーについて”どこよりも”わかりやすく解説していきます。

 

プレゼントにおすすめのバーボンだけを見たい人は目次から飛んでいってください!

だいたい6分くらいで読めるかと思います。

 

 

~目次~


 

 

バーボンウイスキーとは?

f:id:siv41:20180909212752j:plain

 

バーボンウィスキーは、アメリカのケンタッキー州を中心に生産されているウィスキーの1種である。略してバーボンとよばれる。

引用元:wikipedia

 

バーボンウィスキーは『世界5大ウィスキー』のなかの1つです。

 

ウィスキーは国ごとに”5つのカテゴリー”に分けられています。

 

ちょっと5大ウィスキーについて書いていきますね。

 

 

5大ウィスキーとは?

f:id:siv41:20180909213119j:plain

 

・スコッチウイスキー

・アイリッシュウイスキー

・アメリカンウイスキー

・カナダウイスキー

・ジャパニーズウイスキー

 

この5つが『5大ウィスキー』です。

 

アメリカンウイスキーに”バーボン”は含まれています。

 

日本のジャパニーズウィスキーも5大ウィスキーに入ってるの知ってました?

実は世界中で日本のウイスキーが飲まれているんです。

 

 

バーボンウィスキーの原料は?

f:id:siv41:20180909213432j:plain

 

バーボンウイスキーの原料は51%以上、80%以内のトウモロコシ。

 その他にライ麦、小麦、大麦が原料。

 

バーボンは、ほぼほぼ【トウモロコシ】からできています。

 

これがバーボンウィスキーの大きな特徴の1つです。

 

 

バーボンウィスキーの作り方は?

f:id:siv41:20180909214302j:plain

 

①主原料のトウモロコシを麦芽(大麦の種子を発芽させたもの)で糖化させる

②それに酵母を加えてアルコール発酵させる

③その後連続式蒸留機で、アルコール度数を80%以下になるよう蒸留し蒸留酒を作る

④蒸留酒に加水してアルコール度数を62,5%以下にする

⑤蒸留酒は無色透明なので、内側を焼き焦がしたホワイトオーク製の樽に詰め熟成

 

うーん、全然イメージできない。。。

って人に、メッチャ簡単に説明すると、

 

トウモロコシを発酵させて蒸してタチタチ落ちてきたシズクを集めて樽に詰めたもの

 

そんなイメージで良いと思います(ものすごくザックリですみません。。。

 

大体バーボンウイスキーのことが理解できましたか?

 

それではおすすめの銘柄を紹介していきます。

 

 

 

バーボンのおすすめ銘柄を紹介  

f:id:siv41:20180909215246j:plain

 

・アルコール度数が40%台初心者向けのバーボン

・アルコール度数が50%台の中級者・上級者向けのバーボン

・高価格でなかなか手に入らないバーボン

 

この3点に絞って紹介していきます。

 

 

アルコール度数が40%台初心者向けのウィスキー

 ブラントンブラック 750ml

 ブラントンブラック 750ml

 Amazonレビュー ★★★★★

 

おすすめポイント

・口当たりはややマイルド、繊細なキレと深みを味わえる。

・8種類あるボトルキャップはケンタッキーダービーのサラブレッド。

・非常に男心をくすぐるボトル。男性におすすめのバーボン。

 

 

 

 I.W.ハーパー 12年 43度 箱入り 750ml

 I.W.ハーパー 12年 43度 箱入り 750ml

 Amazonレビュー ★★★★★

 

おすすめポイント

世界初の12年熟成プレミアムバーボン。熟成された素晴らしい味わいを楽しめる。

・スッキリ飲みやすく、どこかメロンのような良い香り。

・独特なデキャンタボトルがかなりオシャレ。

 

 

 

 ジャックダニエル ブラック 700ml

 ジャックダニエル ブラック 700ml

 Amazonレビュー ★★★★★

 

おすすめポイント

・ジャックダニエルはテネシーウィスキー。ほどよい甘さでスッキリ飲める。

・バニラ、キャラメルを思わせるような良い香り。

・値段が安いのに美味しすぎるアメリカンウイスキー。

 

 

 

フォアローゼズ ブラック 40度 700ml

     

 フォアローゼズ ブラック 40度 700ml

 Amazonレビュー ★★★★★

 

おすすめポイント

・黒いバラのエキスが注入された様なお洒落な、そしてスパイシーな味。

・オーク樽との香りにマッチして旨みがすごい。

・葉巻との相性が良い。葉巻やタバコを吸う人におすすめのバーボン。

 

 

 

バーボンウイスキー メーカーズマーク 700ml

    

 バーボンウイスキー メーカーズマーク 700ml

 Amazonレビュー ★★★★★

 

おすすめポイント

・口当たりがよくマイルドで飲みやすいバーボン。ハイボールと相性がいい。

・『赤い封蝋』のキャップが非常にオシャレ。飾ると絵になる。

・チョコやキャラメルのような甘い芳醇な香りがする。

 

 

アルコール度数が50%台の中級者・上級者向けのバーボン

バーボンウイスキー ブッカーズ 750ml(2018年)

 

バーボンウイスキー ブッカーズ 750ml(2018年)

Amazonレビュー★★★★★

 

おすすめポイント

・深い熟成感がありながら重くないバランスの良さ。

・アルコール63%の高い度数を感じさせない滑らかさ。

・フルーティさの中に密やかに感じる独特のほろ苦さが特長。

 

 

 

オールドグランダッド 114 750ml 直輸入

 

オールドグランダッド 114 750ml 直輸入

Amazomレビュー★★★★★

 

おすすめポイント

・滑らかで重厚な味わいを持つストレートバーボン。

・3,000円前後の値段で手に入る最高に美味しいバーボン。

・パワフルで骨太でまろやかな味わい。

 

 

 

バーボンウイスキー ワイルドターキー8年 1000ml

   

     

 バーボンウイスキー ワイルドターキー8年 1000ml

 Amazonレビュー ★★★★★

 

おすすめポイント

・ バニラやキャラメルの芳香と甘さ。バランス良い豊かな味わい。

・50.5度の高いアルコール度数が、他にはない力強い味わいとコクを生み出す。

男らしい人に似合うバーボン。THE 男!って人にプレゼントしよう。

 

 

 

バーボン ウイスキー ノブ クリーク 750ml

 

バーボン ウイスキー ノブ クリーク 750ml

Amazonレビュー★★★★★

 

おすすめポイント

・ナッツをともなった力強いバニラの甘みが特長のクラフトバーボン。

ウイスキー部門の最高賞を受賞している。

・口に含むと、芳醇な甘み、樽の木材のタンニンのビターな渋みを味わえる。

 

 

 

高価格でなかなか手に入らないバーボン紹介

f:id:siv41:20180910225633j:plain

 

買えたらラッキーな非常に高価なバーボンを紹介していきます。

 

特別な方にプレゼントしましょう。

一生に一度のプレゼントになること間違いなしです。

死ぬ前に一度は飲んでみたいものですね。。。

 

ジムビーム ディスティラーズ マスターピース バーボン

 

バーボンウイスキー ジムビーム ディスティラーズ マスターピース 750ml

Amazonレビュー★★★★★

 

 

バーボン ウイスキー イエローストーン リミテッド エディション 105 PR 【正規品】

 

バーボン ウイスキー イエローストーン リミテッド エディション 105 PR 【正規品】

Amazonレビュー★★★★★

 

 

バーボンの飲み方は?

ストレート

f:id:siv41:20171211222520j:plain

 

バーボンウィスキーをグラスに注ぎ、そのまま飲むのが『ストレート』

 

ストレートで飲むのがバーボン本来の味が一番良くわかる。

洋画で主人公が颯爽とコップにウィスキーをつぎ、ゴクリってやるあれです。

度数が強いので、チェイサー(お水)を準備して飲むのをおすすめします。

 

 

オンザロック

f:id:siv41:20171211222753j:plain

 

グラスに氷とバーボンを入れて飲むのが『オンザロック』

 

この飲み方のコツは、少量ずつグラスに注ぐこと

なぜならバーボンは冷えすぎると香りが少し落ちる。

 

1~2口で飲みきれる量をグラスに入れるのが適量です。

『オンザロック』は氷が溶けていくので、口にするたびに変わるバーボンを楽しめます。

 

 

水割り

f:id:siv41:20171211223548j:plain

 

グラスにバーボン・氷・冷水を入れて飲むのが『水割り』

 

バーボンが『1』:水が『2』の割合で作ると美味しい。

 

水割りにすることで、バーボンの香り、風味が柔らかくなります。

バーボン初心者の方に水割りはおすすめです。

度数も水で薄まって飲みやすくなるからね。

 

 

ソーダ割り

f:id:siv41:20171211223238j:plain

 

バーボンをソーダで割って飲むのが『ソーダ割り』

 

俗にいう【ハイボール】ですね。

世間的にはバーボンが『1』:ソーダが『4』の割合が黄金比率らしいです。

そして1回だけマドラーで混ぜます。混ぜすぎると炭酸飛んじゃうので注意!

個人的には濃いめが好きなのでバーボン多めに入れてます。

自分にあった割合をみつけて美味しいハイボールを飲みましょう。

 

 

トワイスアップ

f:id:siv41:20171211223717j:plain

 

バーボンを常温の水で割って飲むのが『トワイスアップ』

 

この飲み方はバーボン本来の香りを堪能できる飲み方です。

芳香な香りを楽しみながら酔いに浸れます。

使う水は硬水より軟水(純水)の方が良いです。

純水を使うことでバーボンの味を引き立ててくれます。

 

 

 

 

 

バーボンに合うおつまみ紹介

 スモークサーモン

バーボンには燻製された食べ物が合う

その中でもスモークサーモンは格別にバーボンにマッチする。

サーモンを食べたあとにバーボンをちびりとやると堪らない。

飲み過ぎてしまう恐れがあるので注意が必要なおつまみだ。

 

 

ナッツ類

カシューナッツやアーモンドのほのかな塩味がバーボンに合う

ナッツの香りとバーボンの風味が鼻から抜ける匂いがたまらなく心地良い。

突然の来客などでもナッツ類があればオツマミの対応ができる。

賞味期限が長いのもありがたい。