筋トレは力なり

週に一度の筋トレと雑記

おすすめの20キロダンベル紹介!筋トレ初心者がダンベル 20kg×2個セットを2年間使ってみた!

f:id:siv41:20170817161204j:plain

 

どうも、スキニーです。

 

20kgのダンベルセットを2年間使って筋トレした結果、、、

 

筋肉メッチャついた!!!

 

ダンベルだけで筋トレしてるんだけど、こんなに筋肉つくと思わなかったww

 

ぼくみたいな筋トレ初心者におすすめなダンベルを紹介していくよ!

 

筋トレ初心者におすすめな20キロダンベルセット

f:id:siv41:20180116220511p:plain

 

ぼくが約2年前に購入した鉄製のダンベル【ブラックアイアンダンベルを使用した感想は

 

・頑丈!塗装も剥げない!

・シャフトに滑り止め加工してるから安全!

・ ブラックとシルバーの組み合わせがカッコいい!

 

安全に、ケガなく筋トレできるのが一番大事。

 

本当におすすめな商品なので詳しくレビューしていくね!

マジでコスパ最高。

検討してる人は参考にしてください。

 

 

おすすめダンベル『PROIRON』20kgセットのレビュー

 

 PROIRON ダンベル 鉄アレイ アジャスタブル 20kg ダンベル セット コネクション・チューブ(延長用シャフト)でバーベルとなる ホームジム 筋トレーニングとウェイトリフティング用

 Amazonレビュー★★★★★

 

 

ダンベルは筋トレの必須アイテムだよね!

バーベルと違って可動域が広いので、体をまんべんなく鍛えることができる。

 

ぼくがこの商品を選んだ理由は

・Amazonのレビューが一番良かった。

・安い!コスパ良さそう

・シャフトが滑り止め加工してて安全。

・以前『ラバータイプ』のダンベルを買ったら臭いが強烈だった!なので今回は鉄製。

・ブラックプレートとシルバーシャフトの組み合わせがカッコいい!

 

そんな理由で買ってみました。

 

プレートの内訳は「1.25kg」「2.5kg」「5kg」の3種類+『シャフトプレート』『カラー』の計20kg!

 

筋トレ始めたての頃は「20kgも持てないし10kgのダンベルでいいや!」ってなると思う。(ぼくはなった!

でも、あっという間に20kg持てるようになるから最初からこの20kgセットをおすすめします。

 

ダンベル『20kg』タイプのセット内容紹介

f:id:siv41:20170818210639j:plain

プレート【5.00kg】×4枚

プレート【2.50kg】×4枚

プレート【1.25kg】×4枚

カラー【0.25kg】×4個

シャフト【2.0kg】×2本

 

 

直径28mmのシャフト

f:id:siv41:20170818204707j:plain

 

シャフトは公式競技にも使用される直径28mmの標準サイズ。

シャフト長さは455mm。

 

他社のプレートも取り付け可能なので筋トレの幅が広がります。

グリップは滑りにくい加工のローレット加工が施されています。

実際使ってても滑らないから安心!

安全に使用できるのが一番大事。

 

 

角が無い丸いプレート

f:id:siv41:20170818205135j:plain

 

角が無いので万が一床に落としても傷が軽減されます。

 

できればぼくみたいに傷・騒音防止でマットを敷くのおすすめ!

別に本格的なマットじゃなくても大丈夫だよ。

ぼくはホームセンターで買いました。

 

 

2年間使ってみて

ラバータイプより安価でコスパが良い鉄製ダンベルですが、筋トレ後シャフトの削りカスが床に散らばる。

 

f:id:siv41:20170818205743j:plain

キラキラしてるのが削りカス。

 

拡大図

f:id:siv41:20170818205831j:plain

わかるかな?写真下手ですんませんね

 

最初は気にしてなかった削りカス。

しかし筋トレをしてると足にチクっと痛みが。

足を見るとこの削りカスが刺さってました!

そう、こいつは刺さるのです。

 

それからは筋トレ後は必ず掃除機かけてるよ。

 

2年後のプレート「5kg」

f:id:siv41:20170818210233j:plain

 

一番使用頻度が多い5kg。

 

カラーに接する部分に若干の削れがみられますね!

それ以外の部分は無傷。

錆びはありません。

 

2年後のプレート「2.5kg」

f:id:siv41:20170818211427j:plain

 

5kgほどではないけどやっぱり他のプレートと接する部分に削れが見られます。

同じくその他の部分は無傷です。

 

2年後のプレート「1.25kg」

f:id:siv41:20170818211620j:plain

 

ほぼ削れはないです。

高重量のプレートがカラーとの負荷で削れやすい傾向にありますね。

 

 

カラー

f:id:siv41:20170818211746j:plain

 

ゴムのパッキン部分にひび割れもなく全く問題ないです。

がっちりプレート同士を固定してくれます。

 

 

シャフト

f:id:siv41:20170818211848j:plain

 

角の部分がほんの少し削れて下地が見えてきてます。

 

1回の筋トレで何度も何度もプレートを差し替えるので絶対削れます。

これは仕方がないね!

ヒビ割れもなく問題なく使用中。

 

f:id:siv41:20171130220250j:plain

 

可変式ダンベルのメリットは?

・非可変式のダンベルと違って、可変式のダンベルは場所を取らない。

・筋トレの種目に合わせて負荷を変えられる。

・プレートを買い足せばどんどん重くすることができる。

 

可変式ダンベルのデメリットは?

・プレートを差し替えるときに『削れ』が発生する

・プレートの差し替えが面倒くさい

 

最後に

 

2年間使用したけど、くたびれることもなく問題なく使用できてます。

 

デメリットで書いた『プレートの差し替えが面倒くさい』

差し替えの時間は30秒ほどなので、インターバルにちょうど良い!

そう自分に言い聞かせ納得して使ってますww

 

ぼくは家でしか筋トレしないんだけどダンベルだけでマッチョになれた。

 

関連記事>>>ダンベルだけで筋トレして1年たった結果!!くそガリの変化(随時追記)最新2018/1 - 筋トレは力なり

 

この商品は本当におすすめできます。

ダンベル買おうか悩んでる人はこの商品で間違いないよ!

 

 

さらに筋トレの効果を出したい人は『フラットベンチ』と『トレーニンググローブ』も一緒に買った方が良いよ!

無いより2倍速く筋肉つくよ。

 

関連記事>>>【レビュー】リーディングエッヂ フラットベンチ LEFB-005を1年間使ってみた。ガリガリの筋トレ - 筋トレは力なり

 

関連記事>>>【レビュー】ウェイトトレーニンググローブ | 手のサイズの測り方・使用した感想 - 筋トレは力なり