筋トレは力なり

週に一度の筋トレと雑記

【ノンタン おすすめ】厳選5作品!ノンタンのおすすめ絵本紹介!

どうも、スキニーです。

 

今回はノンタン歴30年のぼくが、絵本の【ノンタン】のおすすめを紹介します。

 

f:id:siv41:20170612214230p:plain

 

 

ノンタンって??

『ノンタン』(Nontan)は、キヨノサチコ作絵の絵本のシリーズ、及び同シリーズの主人公。比較的太めの波打つような描線で描かれた素朴な絵柄が特徴的。

元気な猫の男の子ノンタンを主人公とした絵本のシリーズで、1976年に最初の絵本『ノンタンぶらんこのせて』が刊行。その後、絵本はもちろんのこと、CD、テレビアニメ、キャラクター商品などでも人気を博している。

引用:ウィキペディア

 

 

幼いころに買ってもらったノンタンの絵本。

家に無くても病院の待合室、幼稚園・保育園、床屋さんに必ずと言っていいほど置いてあった絵本の【ノンタン】シリーズ

誰しもが一度は読んだことがあるはず。

 

時はたち”ノンタン世代”が親となり、また自分の子供にノンタンを読み聞かせをする。

ノンタン世代”に孫ができたら今度は孫に読み聞かせをする。

人生はノンタンに始まりノンタンに終わると言っても過言ではない。

 

f:id:siv41:20170612223135p:plain

 

 

数あるノンタンシリーズを読破&娘に読み聞かせしてきた&しているぼくがおすすめ本を紹介します。

(ちなみに娘1歳もノンタン大好きです。ぼくのところに絵本持ってきて、読むぅうう!と言ってきます)

 

おすすめ本紹介

 ノンタン!サンタクロースだよ

クリスマスにノンタンはサンタを探しにいきます。

しかし出会うのはクマサンタやウサギサンタ。

なかなかネコサンタに出会えません。

サンタさんを探し疲れて寝てしまうノンタン。

朝起きるとそこにはプレゼントが。

 

この絵本はクリスマスカラーで描かれてるのでとても可愛い仕上がりになってます。

クリスマスの楽しさを子供に教えることができる作品です。

中毒性があるのか2~3日に1回は娘にこの本を読んで欲しいとせがまれます。

年間を通してクリスマス気分を味わえる1冊です。

 

 

 

 ノンタンはみがき はーみー(赤ちゃん版ノンタン)

この作品は歯磨き苦手な子や、これから歯磨き始める子におすすめです

ノンタンや友達たちが歯みがきをリズミカルに、楽しそうにしてます。

 

子供に歯みがきは楽しいものなんだよ!とこの絵本を通して教えることができます。

 

歯みがき嫌いだったうちの娘も、ノンタンの歯みがきの真似して歯ブラシを口に入れてくれるようになりました。

 

 

 

 ノンタンおよぐのだいすき

ノンタンたちが海で楽しく遊んでいると泣いている亀の赤ちゃんが。

迷子になってしまった赤ちゃん亀のママをノンタンが一緒に探してあげるストーリー。

 

赤ちゃん版ノンタンに比べるとちょっと文字数が多い。

が、話のリズムがよくサラサラと読めるので何回読んでも飽きない1冊だ。

最後にはちゃんとママが見つかるので娘と良かったね~などと言っている。

 

カラーや物語夏を感じさせてくれる絵本なので、是非夏がきた際に子供と読んでほしい。

 

 

 

 ノンタンおねしょでしょん

 ノンタンノンタンおねしょでしょん!

フレーズがリズミカルで読んでいて楽しい一冊。

 

キャラクターごとにおねしょの形があり子供と、このおねしょは誰のだ?と遊びながら読むことができます。

ぼくの1歳の娘はおねしょの意味を理解してない?と思うが楽しく読んでます。

 

 

 

 ノンタンボール まてまてまて

ノンタンがボールを追いかけていく簡単なストーリーになってます。

簡単ゆえに幼い子供(0歳)から読める絵本です。

ボールが穴に落ちてしまうシーンあり、そこにはネズミさんの住み家が。

そのネズミさんの生活の様子が細かく描かれているので子供は大喜び。

 

ぼくはたぶん100回は娘に読まされてます。

この先あと何回読むかわかりませんが、何回でも読んであげるつもりです。

リズミカルに読めるので読んでても飽きない一冊です。