読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋トレは力なり

週に一度の筋トレと雑記

HI-STANDARD(通称:ハイスタ)の話

 

f:id:siv41:20161004222929j:plain

 

どうも、スキニーです。

 

2016年10月4日。

ハイスタがなんの前触れもなく新譜を出しましたね。

なんとこのご時世に今回の販売は店頭販売のみ!

全国のCDショップの店員さん、良くこの日まで秘密にしてましたね。

どんなやり方で秘密を守らせたのかな?

CDが売れない時代と世間で言われてます。

そんな時代に風穴を開けてくれたCDショップの方々。

彼らの底力を見させて貰いました。

 

僕も友達から連絡をもらい仕事帰りいそいそとTSUTAYAへ。

 

仕事帰りのサラリーマンたち。禿かけたオッちゃん。子連れのお父さん。その世代の人たち。皆ハイスタの新譜を持って照れくさそうにCDを買ってました。

 

その光景を見てなんだか目頭が熱くなりました。

 

 

僕の話で申し訳ないが、思えば中学生の頃に『making the road』が発売され、それを聞いた。

それからの中学、高校、大学時代本当に毎日ハイスタを聴いていた。

バンドも組み、ハイスタの曲をコピーしまくった。

 

本当に毎日聴いていました。

ハイスタと共に育ちました。

 

でもハイスタは『making the road』を出した次の年(2000年)に活動を停止してしまった。

ライブが見たい!生でハイスタ聴きたい!そんなことは叶わぬ夢でした。

 

2011年の東北の震災。

震災後、ハイスタはメンバー3人同時にツイッター『9.18 ハイ・スタンダード AIR JAM。届け!!!』と、つぶやき、3人揃った写真を掲載した。

彼らは日本のために活動を再開してくれたのだ。

f:id:siv41:20161004223001g:plain

 

そして僕も2012年に開催された『AIR JAM2012』で初めてハイスタのライブに参戦することができた。

青春まるごとハイスタの僕は言うまでもなくライブを楽しみまくった。

生きてて良かった。真面目にそんなことを思いました。

 

そして今日、2016年10月4日。

ハイスタを愛していたキッズだった僕。

そんなキッズも今では妻、子を持つお父さんになってしまった今日。

新譜1曲目イントロを聴いた瞬間に、いろんな思い出が頭を駆け巡り涙が出ました。

 

このCDを買った人達もそれぞれ色んな思いで聴いてるのかと思うと感慨深い。

 

新曲なんて期待していなかったし、待ってはいなかった。

 

そんな中サラリと新曲出してしまうハイスタ。

 

カッコいいなあ、HI-STANDARD

 

これからも夢を与えてくれ!